その他年賀状について

喪中について

その年、1年以内に身内を亡くし、喪に服している人は新年をめでたく祝うという意味のある年賀状は出さない風習があります。

その代わり「喪中であるために年賀のご挨拶は遠慮します」という旨の挨拶状を出します。

喪中欠礼の挨拶状は、手紙でもはがきでも構いません。

現在では、郵便はがきに家庭用プリンターで印刷して送ることが定着しています。

喪中はがきを送られた方は、年賀はがきは出さない方が良いとされています。

送っても失礼ではないようですが、送る場合は、「寒中見舞い」を送ると良いでしょう。

また、喪中はがきなどの喪中欠礼を送らなかった場合など、喪中であることを完全に周知させることは難しく、少なからず年賀状が届くことがあります。

この場合も、年始のお返事として「寒中見舞い」を送ると良いでしょう。

おめでた満タンでも年末年始の挨拶状ということで「喪中はがき」「寒中見舞い」のデザインもダウンロードすることができます。

印刷するだけで投函準備が完了しますので、ぜひご利用ください。