はがきソフト別の年賀状作成ガイド

おめでた満タンの年賀状デザイン素材と年賀状作成ソフトで作るオリジナル年賀状の作成ガイド

 
Microsoft Wordでつくろう

この操作方法はMicrosoft Word 2007を使用しています。

step1 はがきデザインを読み込む step2 文章を追加してレイアウトを整える step3 イラストや写真を読み込む
step1

はがきデザインを読み込む

  1. おめでた満タン!でダウンロードした年賀状デザインデータを用意します。
    ※年賀状素材のダウンロード方法はコチラをご覧ください。
  2. 新規文書が表示されたら、リボン「ページレイアウト > サイズ」から「ハガキ 100 mm × 148 mm」を選択します。
    ※ここではフチなし印刷を想定しています。余白の設定は任意で設定してください。 ページレイアウト設定
  3. リボン「ページレイアウト > 余白」から「ユーザー設定の余白」を選択し、ページ設定ダイアログの余白タブで「余白」を0に設定します。
    ユーザー設定の余白 余白を0に設定
  4. 設定が完了すると余白に関する注意が表示されますが「無視」を選択します。
    設定完了
  5. リボン「挿入 > 図」でダウンロードした年賀状デザインデータを選択します。 図をファイルから挿入
  6. 読み込まれた画像を選択し、リボン「ページレイアウト > 配置 > 文字列の折り返し」から「背面」を選択します。
    ※もしくは画像を右クリックし、「文字の折り返し > 背面」を選択します。 文字列の折り返し
  7. 画像がページ設定で指定した配置からずれていたら、カーソルキーで位置、画像の四隅にあるポイントのマウス操作で拡大縮小ができます。
    ※キーボード「Shift」を押しながらポイントをマウスで操作すると画像の縦横比率を保ったまま拡大縮小ができます。
    配置 位置拡大縮小

pagetopへ

step1

文章を追加してレイアウトを整える

  1. リボン「挿入 > テキストボックス」から「縦書きテキスト ボックスの描画」を選択します。
    テキストボックスの描画
  2. 配置したい場所におおまかな範囲でマウスをドラッグしテキストボックスを配置します。
    テキストボックスを配置
  3. 配置されたテキストボックスにお好きな文字を入力し、フォントの種類や文字の色や大きさなどを設定します。
  4. リボン「書式 > テキスト ボックス スタイル」でテキストボックスの色や線などの設定もできます。 テキスト ボックス スタイル
  5. 最後にレイアウトを整えて完成です。

pagetopへ

step1

イラストや写真を読み込む

「Microsoft Word 2007」では、PNG 形式の画像の特性である透過情報(透ける)を利用できます。ここでは、PNG 形式のフォトフレームデザインとJPEG 形式の写真を使用しています。
STEP1でおめでた満タン!のフォトフレームデザインを読み込んだあと、写真も読み込み、はがきの大きさに合うように大きさを調整します。フォトフレームデザインと写真やイラストの前後関係は、それぞれ右クリックして「最前面へ」などのメニューを選択すると調整できます。

自分で撮影した写真などを使用する場合は、予めハードディスク内に保存しておきましょう。なお、デジタルカメラからの写真の取り組み方法などについては、お使いのデジタルカメラの取扱説明書をお読みください。

  • ※印刷する前に、プリンタの設定や用紙設定などをもう1度確認し、必ずテスト印刷をしましょう。
  • ※ソフトの詳しい使い方については、年賀状作成ソフトメーカーのサポートセンターにお問い合わせください。

pagetopへ