はがきソフト別の年賀状作成ガイド

各種アプリケーションソフトウェアでつくる、オリジナル年賀状の加工方法からプリントアウトまでの操作ガイド

 
筆ぐるめでつくろう

この操作方法は筆ぐるめ Ver.15を使用しています。

step1 はがきデザインを読み込む step2 文章を追加してレイアウトを整える step3 イラストや写真を読み込む
step1

はがきデザインを読み込む

  1. ダウンロードした年賀状デザインデータを用意します。
    年賀状素材のダウンロード方法はコチラをご覧ください。
  2. 筆ぐるめ」が起動すると、編集画面と一緒に「筆ぐるめ -ナビ」ウィンドウが表示されます。ナビに表示される操作方法を確認しながら編集したい場合は、編集したい内容に適したボタンをクリックします。必要ない場合は[閉じる]ボタンをクリックします。
    ここでは[閉じる]ボタンをクリックしましょう。
  3. [うら(レイアウト)]タブをクリックします。
  4. [みんなのレイアウト]ボタンをクリックして、「白紙(はがきたて)」を選択します。
  5. [印刷]ボタンの「位置補正」で、お手持ちのプリンタに合わせた余白などを設定します。
  6. [イラスト]ボタンをクリックします。
  7. [取込]ボタンをクリックして「ファイルから取り込む」を選択します。
  8. ダウンロードした年賀状デザインデータを選択し、[開く]ボタンをクリックすると、グループリストに登録されます。
  9. 登録されたはがきデザインを選択し、[領域追加]ボタンをクリックすると、はがきデザインが読み込まれます。
  10. 読み込まれた画像の大きさやレイアウトを整えます。

pagetopへ

step1

文章を追加してレイアウトを整える

  1. [文章/差し込み]ボタンをクリックします。
  2. 画面の下にある[新規文書]ボタンをクリックします。
  3. 左側の設定画面に文章を入力してから、[領域追加]ボタンをクリックします。その設定画面でフォントの種類や文字の色や大きさなどを設定します。

    ※フォントの種類や文字の色などの設定の詳細は、「筆ぐるめVer.15」付属の説明書等をご覧ください。
  4. 最後にレイアウトを整えて完成です。

pagetopへ

step1

イラストや写真を読み込む

筆ぐるめ Ver.15」では、PNG 形式の画像の特性である透過情報(透ける)を利用できます。ここでは、PNG 形式のはがきデザインとJPEG 形式の写真を使用しています。
イラストや写真も、はがきデザインと同様に読み込み、はがきの大きさに合うように大きさを調整します。イラストや写真の前後関係は、イラストなどを右クリックして「一番下へ」などのメニューを選択すると調整できます。

自分で撮影した写真などを使用する場合は、予めハードディスク内に保存しておきましょう。なお、デジタルカメラからの写真の取り組み方法などについては、お使いのデジタルカメラの取扱説明書をお読みください。

  • ※印刷する前に、プリンタの設定や用紙設定などをもう1度確認し、必ずテスト印刷をしましょう。
  • ※ソフトの詳しい使い方については、製品パッケージに記載されているソフトメーカーのサポートセンターにお問い合わせください。

pagetopへ