はがきソフト別の年賀状作成ガイド

おめでた満タンの年賀状デザイン素材と年賀状作成ソフトで作るオリジナル年賀状の作成ガイド

 
宛名職人で年賀状をつくろう

この操作方法は宛名職人 Ver.21 for Macintoshを使用しています。

step1 はがきデザインを読み込む step2 文章を追加してレイアウトを整える step3 イラストや写真を読み込む
step1

はがきデザインを読み込む

  1. おめでた満タン!でダウンロードした年賀状デザインデータを用意します。
    ※年賀状素材のダウンロード方法はコチラをご覧ください。
  2. テンプレートセレクタの「裏面を印刷する」から「はがき・封筒・ 裏面」を選択し、おめでた満タンでダウンロードした年賀状デザインに合わせて「00_白紙ハガキ(縦書)」もしくは「01_白紙ハガキ(横書)」を選択します。
    裏面を印刷する 白紙はがきを選択
  3. 画面上部のメニューバーから「デザイン > 画像アイテムを追加」を選択します。
    画像アイテムを追加
  4. 画面右の「画像アイテム」から「コンピュータ内のファイルを選択」を選択します。
    コンピュータ内のファイルを選択
  5. 用意しておいた年賀状デザインデータを選択します。
    年賀状デザインデータを開く 年賀状デザインデータを選択
  6. 配置された年賀状デザインデータのサイズなどを合わせます。
    年賀状デザインデータのサイズを合わせる

pagetopへ

step1

文章を追加してレイアウトを整える

  1. ツールバーから「文字 > 文字アイテム」を選択します。
    文字アイテムを選択
  2. 文字を入力します
    文字を入力
  3. 「文例集から入力」を選択すると年賀状に合った文例を自動的に入力してくれます。
    文章例から入力
  4. 「文字アイテム」を使用すると文字の大きさや種類を細かく設定することもできます。
    文字アイテムで文字を細かく設定
  5. 最後にレイアウトを整えて完成です。

pagetopへ

step1

イラストや写真を読み込む

「宛名職人」では、PNG 形式の画像を扱うことができます。ここでは、PNG 形式のはがきデザインとJPEG 形式の写真を使用しています。
STEP01でおめでた満タン!のフォトフレームデザインを貼り付けたあと、写真を貼り付け、大きさを調整します。フォトフレームデザインと写真やイラストの前後関係は、それぞれ右クリックして「枠の上下」から適切な前後関係を選択します。

自分で撮影した写真などを使用する場合は、予めハードディスク内に保存しておきましょう。なお、デジタルカメラからの写真の取り組み方法などについては、お使いのデジタルカメラの取扱説明書をお読みください。

  • ※印刷する前に、プリンタの設定や用紙設定などをもう1度確認し、必ずテスト印刷をしましょう。
  • ※ソフトの詳しい使い方については、年賀状作成ソフトメーカーのサポートセンターにお問い合わせください。

pagetopへ